トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

調査統計演習2009春

by y --> by y -->
Top / 調査統計演習2009春

時間・場所

  • 火曜日
  • 二限目
  • 社12

シラバス

概要

(院)調査統計学

   週2時間2単位 中野康人 春学期  多変量解析の理論と方法 

社会調査によって得られたデータを分析するために必要となる多変量解析について、その原理を理解し、具体的利用方法を修得することが本演習の目的である。まず、多変量解析の種類と概要、線形回帰モデルの数学的原理を解説する。そして、いくつかの多変量解析手法について、実際にコンピュータを用いて分析を行う。全体を通じて、受講生各自の研究テーマに基づく理論モデルを検証する計量モデルを構築し、その具体的分析手順をイメージできるようにする。

  • 多変量解析の種類と概要(2) 多変量解析には分析の目的やデータの種類によって多様な手法が存在する。計量社会学で実際に利用された事例を紹介しながら、どのような手法が存在し、どのような分析が可能なのかを概観する。その上で、受講生各自の研究テーマについて、どのような分析手法が利用可能かを考える。
  • 線形代数の基礎(1) 多変量解析の数学的基礎のひとつである線形代数について、その基本的な原理を概説する。
  • 線形回帰の数学的原理(3) 多くの多変量解析の基礎となる線形回帰モデルについて、その数学的原理を概説する。簡単な重回帰モデルを実際に計算することを通して、計量モデルにおけるデータの扱われ方、数値の意味を理解することを目指す。
  • 分析演習(8) いくつかの多変量解析手法について、その原理を概説し、統計パッケージを利用した分析(データ分析、結果の解釈・提示)の演習を行う。具体的には、重回帰分析、ロジット分析、因子分析、SEMなどを取り上げる。
  • 成果発表(1) 受講生各自が、それぞれの研究テーマに基づいた理論モデルとそれを検証する計量モデルを構築し、どのような調査・分析を行うことになるのかをまとめ、発表する。

教科書

与謝野他編『社会の見方・測り方』(勁草書房)

専門社会調査士科目(【I】多変量解析に関する演習(実習)科目)

数理統計学の基礎を踏まえながら、多変量解析(重回帰分析、パス解析、分散分析、共分散分析、ログリニア分析、ロジット分析、主成分分析、因子分析、多次元尺度法、クラスター分析、数量化理論、生存時間分析、共分散構造分析など)に共通する計量モデルを用いた分析法を基本的に理解し、それらのうちのいくつかについては、コンピュータを用いて実際に使用することのできる能力を習得する科目。(90分×15週)

スケジュール

日付内容
07/Apr/2008(1)ガイダンス、統計学の基礎確認
14/Apr/2008(2)多変量解析の種類と概要
21/Apr/2008(3)線形代数の基礎
28/Apr/2008(4)線形回帰の数学的原理
05/May/2008【休日】
12/May/2008(5)線形回帰の数学的原理
19/May/2008(6)線形回帰の数学的原理
26/May/2008(7)分析演習
02/Jun/2008(8)分析演習
09/Jun/2008(9)分析演習
16/Jun/2008(10)分析演習
23/Jun/2008(11)分析演習
30/Jun/2008(12)分析演習
07/Jul/2008(13)成果発表
14/Jul/2008(14)成果発表